テーマ別リフォーム 防犯・防災

いろいろな犯罪・災害から大切なご家族とお家を守ります

いろいろな犯罪・災害から大切なご家族とお家を守ります

ポイント

  • 商材:住宅用火災警報器
    テレビドアホン(住まいるサポ)
    補助鍵(ワンドア・ツーロック)
    防犯 窓用心、窓ガラス用心
  • 施行:機器取付工事
  • アドバイス:戸建て住宅で最も多いのが、居室の窓からの侵入です。特に1階の窓の防犯が必要です。頑丈で入りにくいという印象が大事です。

火事が起きたときは「知らせる!」「消す!」「逃げる!」

火事が起きてしまったら、あなたはどう行動しますか?逃げられますか?

毎年6万件の火災が起き、6千人の尊い命が失われています。原因のほとんどは逃げ遅れです。

知らせる!(通報) 「火事だー!」と大声で近所の人に知らせます。
落ち着いて119番通報します。
消す!(消火) 消火器や水を使って素早く消化します。
油や石油の消火には水を使ってはいけません。
逃げる!(避難) 天井に火が燃え移ったら消化を止め避難します。

「火」と共に危険な「煙」

煙は粒子状に広がり、次第に視界を奪い、数10cm先も見えなくなってしまいます。横に広がる速さは1秒間に0.5~1mですが、上に昇る速さは、1秒間に3~5mと非常に早いのです。

火災に強いお住まいのリフォームもお任せ下さい!

●火災警報器は性能で選ぶ!

一箇所で検知すると家中に素早く火災をお知らせ
火元で検知してから約0.5~10秒で、ほかの部屋でも声をそろえて一斉にお知らせ。

テレビドアホン「住まいるサポW型」と接続OK。さまざまな機器とも連動します。

火災検知時には住まいるサポでも音声警報。けむり(ねつ)当番の警報停止や動作試験も住まいるサポから行えます。

「泥棒の主な侵入口は窓!

一般のご家庭の場合、侵入口は窓からが5 割を超えています。侵入手段ではガラス破りがおよそ4割をしめ、窓に対する対策が重要です。
また、最近の侵入手口として注目されるのは「ピッキング」「サムターン廻し」 「カム送り解錠」といった特殊工具などによる錠前破りです。 これらは補助錠を取り付けたり(ワンドア・ツーロック)、対策済みの錠前と交換するなどして防ぎます。泥棒が嫌がるのは防犯設備があったり、侵入に5分以上かかったりする建物です。
防犯設備がある家や、窓を割ったり、鍵を開けたりするのに5分以上かかると判断すれば、ほとんどの泥棒はあきらめて他の入りやすいお宅を探します。 防犯意識を形にして見せることが肝心です。

音と光で威嚇!

音と光で威嚇!

警察の見解では、侵入時の音や光による威嚇は最大限の効果があるとされています。
泥棒が答えた「被害に遭わないための秘訣」にも、防犯センサー、防犯カメラ、防犯アラーム等の設置が最も多く挙げられています。 また、古典的な手段ですが犬を飼うのも良いようです。

防犯にお悩み、桧家リフォーミングが解決!

空き巣の手口で被害数が最も多いのが窓からの侵入です。
ガラス破り対策として、 防犯フィルムを貼る、防犯ガラスに交換するといった方法がありますが、窓用補助錠や格子、防犯アラームの設置も効果的です。

マグネットで窓の開閉を感知する 窓用心 マグネット付

侵入者が窓を開けようとすると警報音を発し、警告します。警戒中表示で防犯効果がさらにアップ。
●引きちがい窓2枚を1台で警戒できます。
●警戒中表示で視角的に侵入者を警告し防犯効果を高めます。
●電源スイッチをOFFにするまで70dBの警報音を発します。

窓ガラスの破壊を検知して警報でお知らせ ガラス破壊検知器 窓ガラス用心 ガラス破壊センサー付

ガラスカッターによるガラス破り、投石などによるガラス破壊を検知して警報音でお知らせします。
●窓ガラスの破壊のみに反応する、誤作動が少ない設計です。
●ガラスカッターによるガラス破壊でも検知します。
●厚さ7.5mmの薄型設計で装着したまま窓の開閉ができます。

防犯センサー、防犯カメラ、火災報知機とも連動できる情報モニターで安全管理

侵入者を自動録画、ドアや窓からの侵入を検知、留守中にいるふり点灯、火災報知機の点検や電気使用量をチェックしたり、外出先から携帯電話で来客対応も自動検知。

家のあちこちにある気がかりや、エコのことなど、住まいるサボぜんぶ見えます。

自動検知

侵入者を自動的に検知し、警報音を鳴らし、各部屋にお知らせ、3秒前にさかのぼって侵入者を自動録画します。
防犯カメラや防犯センサー、火災報知機と連動させてご家庭の安全を守ります。
また、ネットワークを利用してさまざまな機器と連動させることができます。

ご家庭の安全を第一に考える、防犯・防災も桧家リフォーミングにお任せ下さい!